事業内容サービス

土木土木

安全・安心なまちづくりのために

これまで国や地方公共団体は、人々の生活を守り、豊かで安全・安心なまちづくりのために社会資本整備を行ってきました。これからは、より好い生活環境の充実のため、新たな社会資本整備と併せて、整備してきた施設の機能的な維持・向上が必要です。当社では、土木に関する計画・調査・設計をはじめ、費用便益分析、ストックマネジメント、アセットマネジメントなどについてもご提案いたします。

主な
事業内容

■ 道路・鉄道・河川及び港湾の調査・計画・土木構造物の設計
■ 河川・ダムの計画設計・流出解析・河川改修計画及び近自然工法の提案
■ 海岸保全に関わる計画・調査・設計
■ 揚水機場・排水機場の設計
■ 橋梁等土木構造物の点検・診断・長寿命化計画
■ コンクリート構造物の補修設計
■ 急傾斜地の調査・解析・設計
■ 上記各種イメージCG(3D)作成及び景観シミュレーション
■ 公共施設の費用便益分析調査
■ストックマネジメント、アセットマネジメント

ユニバーサルデザインを導入した道路設計

くらしのみちゾーン(柏林台地区)

柏林台団地(帯広市)は、造成後約50年が経過し、地区内道路の老朽化が進んできたことと併せて、子供やお年寄りの安全な歩行者空間の確保が課題とされてきました。帯広市ではこの地区を「ユニバーサルデザインモデル地区」に指定し、のちに国の補助事業として同地区は「くらしのみちゾーン」と位置付けられました。当社は、より歩行者を重視した新しい道路整備の計画・調査・設計に取組み、安全・安心で住みよいコミュニティゾーンとしての同地区再生に貢献しています。

周辺環境と調和した土木構造物の提案

札内駅自由道路・虹大橋

札内駅自由道路は、長年鉄道によって分断されていた駅裏からの歩行者・自転車のアクセスを格段に向上させた自由通路(歩道橋)です。当社では札内駅前のシンボルとして、またバリアフリーを採用し、地域住民の移動円滑化を図れるよう提案しました。

当社が設計した虹大橋は、日高山脈襟裳国定公園の山裾に位置する札内川園地(中札内村)の観光スポットとして知られる「ピョウタンの滝」の直下流に位置し、橋の上から豪快に流れ落ちる滝を間近に望むことができます。周囲の山林と滝の水しぶきから発生する豊富なマイナスイオンを求め、毎年多くの観光客が訪れています。

  • 札内駅自由道路
  • 虹大橋(にじのおおはし)

海岸保全業務の評価・解析

海岸の侵食対策業務では、海岸の現状を把握し、海岸侵食地帯の深浅測量等の調査と、海岸保全工事における施設設計を行います。 海岸の変化は常に移動していることから、経年的な調査データの蓄積が重要になります。積み重ねた調査結果から、海底の地形変化を把握し、汀線と保全施設の位置関係を把握します。

道路保全業務の評価・解析

路面性状測定車による測定では、5kmを30分程度の時間で調査が完了し、路面性能を評価するためのデータを集めます。そのデータから、ひび割れ、わだち掘れ、平坦性等を抽出します。この調査結果をもとに、健全度や修繕の必要性を評価します。

橋梁の調査・設計とストックマネジメント

橋梁の老朽化が問題視されるようになり、橋梁点検や長寿命化対策が施されるようになりました。 左の写真は、大型車両が交差できず、橋梁点検した結果RC床版の疲労劣化が現れはじめた橋梁を機能回復させた写真です。当社では死活荷重合成桁という特殊な橋梁の劣化床版の取替えを行い、橋梁の機能が一定の範囲で回復するよう提案しました。

イメージCGを活用した土木構造物の評価

イメージCG(3D)を活用して、様々な視線、角度から分りやすい完成イメージを提供いたします。 イメージCGを活用すると、施設の完成イメージを把握することができるので、完成する施設が周辺環境と調和できるか事前に確認することができます。 土木設計の他、区画整理、公園整備、緑化検討など、幅広い分野で活用しています。

  • Before
  • After
  • 法面安定化技術CG

ページの先頭へ戻る

北王コンサルタント株式会社